テーブルの表示方法を指定;table-layout

【table-layout】の使い方

通常、テーブル<table>は、テーブル全体の内容を読込んでから表示されます。
キーワードに「fixed」を指定すると、テーブルの1行目にレイアウトが設定されていますので、表示時間を短縮できます。
特にテーブルが縦長の場合に、SEO対策(内部対策)として検索エンジン最適化に有効です。
SEO初心者でも簡単に検索エンジン上位表示ができるように、サンプルをご紹介しますので、アクセスアップにお役立て下さい。

※実際の表示や見え方は、ブラウザや使用環境に依存します。
また、SEO対策に不要と思われる値やキーワードは、独断で掲載していませんので予めご了承下さい。

【table-layout】の書式

table-layout: 値;
  • テーブルの表示方法を指定する場合は、キーワードで指定する。

【table-layout】のキーワード(値)

キーワード(値) 説明
auto テーブル全体の内容を読み込んでレイアウト設定(デフォルト)
ficed テーブル1行目の内容を読み込んでレイアウト設定

【table-layout】の使用例

「セレクタ名」と「値」は、お好みで指定して下さい。

テーブルレイアウトを「auto」に指定。

▼ 表示


▼ HTML

</pre>
<table class="sample01">
<tbody>
<tr>
<td>fixed</td>
<td>テーブル1行目の内容を読込んでレイアウト設定。</td>
<td>auto</td>
<td>テーブル全体の内容を読込んでレイアウト設定。</td>
</tr>
</tbody>
</table>

▼ CSS


td {
    border: 1px solid #FF99FF;
    background-color: #FFCCFF;
}

.sample01 {
    width: 450px;
    margin: 10px auto;
    padding: 3px;
    text-align: left;
    border: 1px solid #FF99FF;
    table-layout: auto;
}

テーブルレイアウトを「fixed」に指定。

▼ 表示


▼ HTML

</pre>
<table class="sample02">
<tbody>
<tr>
<td>fixed</td>
<td>テーブル1行目の内容を読込んでレイアウト設定。</td>
<td>auto</td>
<td>テーブル全体の内容を読込んでレイアウト設定。</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<pre>

▼ CSS

td {
    border: 1px solid #FF99FF;
    background-color: #FFCCFF;
}

.sample02 {
    width: 450px;
    margin: 10px auto;
    padding: 3px;
    text-align: left;
    border: 1px solid #FF99FF;
    table-layout: fixed;
}

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です