フォントの太さを指定;font-weight

【font-weight】の外部CSS指定方法

フォントの太さも外部CSSで指定することで、HTMLソースがスッキリして、SEO内部対策として検索エンジン最適化に有効です。
SEO初心者でも簡単に検索エンジン上位表示ができるようにHTMLCSSのソースサンプルを幾つかご紹介しますので、アクセスアップにお役立て下さい。

【font-weight】の書式

font-weight: 値;
  • 通常文字のfont-weightは、normalです。
  • lighterbolderは相対指定で、親要素の太さより1段階変化する。
  • 数値指定の値は100~900で、100刻み以外の数値を指定しても変化しない。400=nomal、700=bold。

※実際の表示や見え方は、ブラウザや使用環境に依存します。
また、SEO対策に不要と思われる値やキーワードは、独断で掲載していませんので予めご了承下さい。

【font-weight】のキーワード(値)

キーワード名(値) 見え方
nomal 通常(デフォルト)
bold 文字を太く。
lighter 親要素より1段階細く。
bolder 親要素より1段階太く。

【font-weight】の使用例

「セレクタ名」と「値」は、お好みで指定して下さい。

フォントを太く指定

▼ 表示
 

 
▼ CSS

.sample01 {
        font-weight: bold;
}

 
▼ HTML

<p class="sample01">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

フォントを1段階細く指定

▼ 表示
 

▼ HTML

<p class="sample02">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS

.sample02 {
        font-weight: lighter;
}

フォントを1段階太く指定

▼ 表示
 

▼ HTML

<p class="sample03">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS

.sample03 {
        font-weight: bolder;
}

フォントを数値で細く指定

▼ 表示
 

▼ HTML

<p class="sample04">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS

.sample04 {
        font-weight: 100;
}

フォントを数値で太く指定

▼ 表示
 

▼ HTML

<p class="sample05">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS

.sample05 {
        font-weight: 900;
}

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です