フォントの書体を指定;font-family

【font-family】の外部CSS指定方法

フォントの書体も外部CSSで指定することで、HTMLソースがスッキリして、SEO内部対策として検索エンジン最適化に有効です。
SEO初心者でも簡単に検索エンジン上位表示ができるようにHTMLCSSのソースサンプルを幾つかご紹介しますので、アクセスアップにお役立て下さい。

【font-family】の書式

font-family: 値;
font-family: キーワード,値;
font-family: キーワード,キーワード,値;
  • 値にキーワード(フォントファミリー名)を記述して指定する。
  • 細かく指定したい場合は、値の前にフォント名を指定する。
  • 複数(日本語と英語など)の指定をする場合は、キーワードをカンマ( , )で区切って指定する。
  • 1文字目が大文字のフォント名やスペースが含まれているフォント名の場合には、ダブルクォーテーション( ” )またはシングルクォーテーション( ‘ )で囲む。

※実際の表示や見え方は、ブラウザや使用環境に依存します。
また、SEO対策に不要と思われる値やキーワードは、独断で掲載していませんので予めご了承下さい。

【font-family】のキーワード(値)

キーワード名(値) 見え方
serif 明朝体の様なひげ付きのフォント。(Times New Roman、MS 明朝など)
sans-serif ゴシック対の様なひげなしフォント。(MS Pゴシック、Helveticaなど)
monospace MS ゴシックなど
fantasy 均等フォント(CritterやWestemなど)
cursive 手書き風フォント(Caflisch Scriptなど)

【font-family】の使用例

「セレクタ名」と「値」は、お好みで指定して下さい。

明朝系のフォント(MS 明朝、Times New Romanなど)

▼ 表示
 

▼ HTML


<p class="sample01">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS

.sample01 {
        font-family: "MS 明朝",serif;
}

ゴシック系等幅のフォント(MS Pゴシックなど)

▼ 表示
 

▼ HTML

<p class="sample02">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS

.sample02 {
        font-family: "MS Pゴシック",monospace;
}

ゴシック系等幅のフォント(MS ゴシックなど)

▼ 表示
 

▼ HTML

<p class="sample03">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS
 

.sample03 {
        font-family: "MS ゴシック",monospace;
}

装飾付きのフォント(critter、Westemなど)

▼ 表示
 

▼ HTML


<p class="sample04">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

 
▼ CSS

.sample04 {
        font-family: Critter,fantasy;
}

手書き風のフォント(Caflisch、Scriptなど)

▼ 表示
 

▼ HTML


<p class="sample05">SEO対策に必要な、HTML,CSSのタグ辞典です。コピペしてお使い下さい。</p>

▼ CSS

.sample05 {
        font-family: Caflisch,cursive;
}

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です