リストマークの設定をまとめて指定;list-style

【list-style】の使い方

リストマークのまとめて設定も外部CSSで指定することで、HTMLソースがスッキリして、SEO内部対策として検索エンジン最適化に有効です。
SEO初心者でも簡単に検索エンジン上位表示ができるようにHTMLCSSのソースサンプルを幾つかご紹介しますので、アクセスアップにお役立て下さい。

【list-style】の書式

list-style: 値 値 url(画像の保存先URL);
  • リストマークの設定をまとめて指定する場合は、list-style-type、list-style-position、list-style-imageの順に、キーワードと画像保存先URLで指定する。
    ※値は、各list-style-typelist-style-positionlist-style-imageを参照。
  • ブラウザが対応していないとデフォルトで表示される。
  • 各値を省略した場合は、それぞれデフォルトで表示される。
  • リストイメージが参照できなかった場合は、リストタイプ(list-style-type)で指定したリストマークが表示される。

※実際の表示や見え方は、ブラウザや使用環境に依存します。
また、SEO対策に不要と思われる値やキーワードは、独断で掲載していませんので予めご了承下さい。

【list-style】の使用例

「セレクタ名」と「値」は、お好みで指定して下さい。

リストマークを<ul>で「inside、list-image01.jpg」に指定

▼ 表示
 

※“inside”を指定すると折返しが無くても、リストマークの位置が右にずれます。

sample-imageリストイメージのサンプル(青丸)
 
▼ HTML

<ul class="sample01">
<li>リストマークの画像は、画像の保存先URLで指定。</li>
<li>ブラウザが対応していないとデフォルトで表示される。</li>
<li>外部CSS指定すると、アクセスアップにお役立ちます。</li>
</ul>

 
▼ CSS

.sample01 {
        list-style: inside url(list-image01.jpg);
}

リストマークを<ol>で「upper-alpha、outside」に指定

▼ 表示
 

 
▼ HTML

<ol class="sample02">
<li>リストマークの画像は、画像の保存先URLで指定。</li>
<li>ブラウザが対応していないとデフォルトで表示される。</li>
<li>外部CSS指定すると、アクセスアップにお役立ちます。</li>
</ol>

 
▼ CSS

.sample02 {
        list-style: upper-alpha outside;
}

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です