背景画像の表示位置を指定;background-position

【background-position】の使い方

背景画像の表示位置も外部CSSで指定することで、HTMLソースがスッキリして、SEO内部対策として検索エンジン最適化に有効です。
SEO初心者でも簡単に検索エンジン上位表示ができるようにHTMLCSSのソースサンプルを幾つかご紹介しますので、アクセスアップにお役立て下さい。

【background-position】の書式

background-position: 値; /*水平、垂直方向を同じ設定。*/
background-position: 値 値; /*水平と垂直を別々に指定。*/
  • 背景画像の表示位置を指定する時は、キーワード、数値、パーセントで指定する。
  • 数値やパーセントの値を1つだけ指定する場合は、左上を基準にし、値が2つの場合は、左端、上端の順に指定する。
    • 相対的単位;px % em ex
    • 絶対的単位;pt mm cm in pc
  • background-imagebackground-repeatを併用して背景画像を指定する。

※実際の表示や見え方は、ブラウザや使用環境に依存します。
また、SEO対策に不要と思われる値やキーワードは、独断で掲載していませんので予めご了承下さい。

【background-position】のキーワード(値)

キーワード(値) 見え方
left 左揃え
center 中央揃え
right 右揃え
top 上揃え
bottom 下揃え

【background-position】の使用例

「セレクタ名」と「値」は、お好みで指定して下さい。

<body>背景画像の表示を「no-repeat」位置を「left、top」に指定

▼ 表示
 

sample-imagefloat属性のサンプル画像
 
▼ HTML

<body>
<p>「<body>」の設定は、基本セレクタで指定しています。HTMLのコピペは不要で、CSSのみコピペすると指定できます。</p>
</body>

 
▼ CSS

body {
        background-image: url(bari01.jpg);
        background-repeat: no-repeat;
        background-position: left;
}

<body>背景画像の表示を「no-repeat」位置を「center、bottom」に指定

▼ 表示
 

sample-imagefloat属性のサンプル画像
 
▼ HTML

<body>
<p>「<body>」の設定は、基本セレクタで指定しています。HTMLのコピペは不要で、CSSのみコピペすると指定できます。</p>
</body>

 
▼ CSS

body {
        background-image: url(bari01.jpg);
        background-repeat: no-repeat;
        background-position: center bottom;
}

<body>背景画像の表示を「no-repeat」位置を「300px、20px」に指定

▼ 表示
 

sample-imagefloat属性のサンプル画像
 
▼ HTML

<body>
<p>「<body>」の設定は、基本セレクタで指定しています。HTMLのコピペは不要で、CSSのみコピペすると指定できます。</p>
</body>

 
▼ CSS

body {
        background-image: url(bari01.jpg);
        background-repeat: no-repeat;
        background-position: 300px 20px;
}

<body>背景画像の表示を「repeat-x」位置を「bottom」に指定

▼ 表示
 

sample-image背景のサンプル画像(青)
 
▼ HTML

<body>
<p>「<body>」の設定は、基本セレクタで指定しています。HTMLのコピペは不要で、CSSのみコピペすると指定できます。</p>
</body>

 
▼ CSS

body {
        background-image: url(back-sampleimage01.gif);
        background-repeat: repeat-x;
        background-position: bottom;
}

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>